壊れにくいので家の中にも置きやすい

合掌する男性

これまで骨壷と言うと、お墓の中に入れておくというのが一般的でした。そのためある程度重量があるものでも特に不満が出ることはなく、むしろお墓の中で傷んでしまったり損傷したりすることがないように、できるだけ頑丈な素材が使われているものが主流となっています。こうした状況も近年になって変わってきており、骨壷はお墓の中に入れてしまうというよりも、自宅に置いておくという人が増えてきています。これは手元供養とも呼ばれる流れで、大切な人のことはお墓に埋めてしまうよりも家の中に置いておきたいと考える人が多くなっているのが原因のようです。そこで問題になったのが骨壷の割れやすさです。家の中に置いておく場合どうしてもぶつかったり倒したりしてしまうことも多く、簡単に破損してしまうのが難点でした。そこで万が一倒してしまっても破損しないように、割れない骨壺が開発されて話題となっています。これならば部屋の中に置いておいても安全で、小さいお子様がいるご家庭でも心配することなく使うことができます。この商品は重量が軽いことも多くの利用者から選ばれている理由です。これまでの骨壷は頑丈さを優先するあまり、どうしても重量が重くなってしまいました。ところが割れない骨壺ならば従来のものよりもかなり軽量に作られており、女性の方でも気軽に持ち運ぶことができます。

金属製なので衝撃に強い

蝋燭

従来の骨壷が主に陶器製であったのに対して、割れない骨壺は金属で作られているのが特徴です。陶器製は質感や見た目、広沢などの点で優れているものの、衝撃に弱いためぶつかったり誤って落としたりしてしまうとすぐに割れてしまいます。それに対して割れない骨壺ならば金属でできていますから、よほどの衝撃を加えない限り壊れることがありません。サビに強いのも割れない骨壺の優れた利点です。金属と言ってもアルミニウムが使われている製品が多く、耐腐食性に優れているため湿気が多い場所に保管しておいても錆びてしまうことがありません。金属は素材によっては表面が腐食してしまうものもありますが、アルミニウムならば長期間にわたって購入した時と同じ輝きを維持することができます。表面も丁寧に磨きこまれた処理がなされており、陶器製の骨壷にも負けず劣らない光沢を備えています。高級感や見た目の良さを重視して骨壺を選びたいという人にもお勧めできる製品です。アルミニウムなどの金属を使うことで、持ち運びしやすい軽量化も実現しました。これにより家の中で置き場所を変更したいという時でも、重さを感じることなく女性の方でも気軽に移動させることができます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中